富について想う件

給料という広告を聞いて思い浮かんだのは、人類を悲劇に運にもする事です。普通にOLの必須だと、月額決まった額だけお給料が入ってくるが、その中から光熱費・案内費・交流費・食費などを差し引くと、余暇で使える給料ってわずかだについてに気がつきます。テレビTVやインターネットでも生活に役に立つ省エネ術とか、代装置でおいしい食事を作るとか、給料をどうして扱うことにキモチが行くTVが増えてきました。給料はそもそも人類が生きていくの欠かせないものですが、給料に振り回される暮しはそれはそれで人類を運にしたりあるいは悲劇にしたりするので不思議なものだなあと思います。お金持ちな人類が必ずしも幸せな暮しを送っているとは限らないし、保ちすぎると無限にあると勘違いをして際限なく使って仕舞う事も考えられます。逆にお金がない人類にとっては、何をするにしても給料の事を考えて動向に踏み出せなかったり、お金が無い為に給料を借りて更なる月賦を作って仕舞う事も考えられます。只、給料というものを自分自身がどういうふうに向き合うかによって、人類を悲劇にも運にもできるのですが、お金がなくても出来る事を自分なりに考えたり、又はお金がないと出来ない事を考えて生活を過ごしていくと、給料に振り回される事はないのではないかと思います。http://www.beautifulstory.sakura.ne.jp/men/%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BCzero-factor/%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F.html

富について想う件