暑い日に注意すべき色合い

わたくしは日頃は少しの活動周辺ならば汗をかかない慣例なのですが、多少なりとも激しい活動を通して汗が一旦出始めるとなかなか立ち寄りません。そのため汗、特にワキ汗やり方として制汗剤やパウダー席順を通して対策をしているのですがある時それを忘れてしまったことがありました。その日はよりによって、体育があった上にオレンジというトーンが濃いTシャツを着ていた結果汗ジミがTシャツにつき、中でもワキの汗がひどく目立っていました。おかげでレクチャーにおける距離、汗が引いて汗ジミが乾くまで誰の近くにもよろうは思いませんでした。その後汗が引いても、自分が汗臭いのではないのだろうかなどと考えてしまい全く講義に集中することができませんでした。この日の敗北として、制汗剤やパウダー席順などを住まいに忘れてしまったことはもちろんのことですが、私としてはウェザー予想で昨日からその日が暑くなることはわかっていたにもかかわらず、オレンジという汗をかいたタイミング際立つトーンを着て行ってしまったことだと思っています。そのためその日から、制汗剤などを忘れないように住まいを出る前にチェックするようになった上述、濃いトーンではなくて汗をかいても際立ちにくい白などを着ていくようになりました。プロミスの審査が甘い噂は本当?

暑い日に注意すべき色合い